ABOUT

偶然立ち寄った「日本丸」の船内で見つけた結びのサンプル。 その時に始めて「結ぶ」ということの美しさに気付きました。 中には装飾用に編まれた物もありますが、そのほとんどが実際に使用するための結びであり編み込みでした。 強度を出すための編み、物を固定するための結び、瞬時にほどくことの出来る結びなどその数は数十種類を超えます。 それらは人が生きていく上での知恵や工夫から生まれたものであり必然の形です。 現在ではその多くが使われなくなりましたが、永きに渡って人々の生活と密着し共に歩んできた「編む」ということの美しさを、また違った形で現代でも伝えて行けたらと思っております。 DAIKI SANOの商品を手に取って頂いた皆様に、編み込みを通じて手作業の温かさを感じで頂ければ幸いです。 デザイナー兼職人 佐野 大貴